読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめの本紹介

今までに読んできた本のなかでおすすめの小説、ビジネス書を紹介していきます。

【書評・口コミ】レバレッジ・シンキング

本田直之 自己啓発 ビジネス書

 

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術

 

 

人生から何を得るかを問い、
得られるものは自らが投じたものによることを知った時、
人は人として成熟する。      
                ピーター・ドラッガー
 
 
~概要~
「努力するのに成果が上がらない人」と「余裕を持ちながら大きな成果を上げる人」の違いはレバレッジの考え方にあった。必要なのは「労力」「時間」「知識」「人脈」の4分野への自己投資。スポーツ・経営・投資・脳科学の方法論をベースに自己啓発に応用した仕事術を紹介する。訓練不要で誰にでも実践できるノーリスクのシンプルな方法論。(Amazonより)
 

~書評~

おすすめ度: (レバレッジ・リーディングに比べると...)

 
本田直之氏の書いた本という事で、期待して購入しましたが、正直レバレッジ・リーディングに比べると、
内容はかなり薄いと思います。
レバレッジ・リーディングがすごすぎたのはありますが...)
書いている内容も他の仕事術系の本と大差はないかともいます。
ただ、レバレッジ・リーディングを読んでやる気がでた人は更に続けてこの本を読むのはおすすめです。
どちらの本でも書いていることは自分への投資をしよう!という事なので一貫しています。
 
 
~まとめ~
 
テクニック
・仕事は出来るだけ仕組み化することで効率化する。
 -マニュアル・定型文・フォーマット・チェックリストなど
・仕組み化はずっと使うものなので、作成時はじっくり時間をかける。
俯瞰逆算思考。自分のゴールまでを俯瞰してみて、そこに到達するためにどういうステップを踏んでいくのがいいのかを逆算思考で考える。
 - ゴールからしなければならないタスクを順番に洗い出す  
・自分の時間の使い方をレビューする。意味のないことをやっている時間をみつけだし改善する。
 -自分の仕事時間を細かく記録し、後々見直す。
 
意識の持ち方
・時間がないから成果が上がらないのではない。時間があるから成果が上がらない。
 -意図的にタスクに割り振る時間を短くする
・時間のルーチン化。時間割を作り各作業に時間を明確に振り分ける
・知識への投資はたんなる勉強ではなく、常にそのことによって得られるリターンを追及する
・人脈で大切なのは誰を知っているかではなく、誰に知られているかである