読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめの本紹介

今までに読んできた本のなかでおすすめの小説、ビジネス書を紹介していきます。

【書評・口コミ】心を上手に透視する方法

ビジネス書 心理学

 

心を上手に透視する方法

心を上手に透視する方法

 

悪用しちゃだめですよ!笑 

 

~概要~

ドイツで35万部を突破し、10か国以上に翻訳されているベストセラーが、待望の邦訳。
ドイツで「マインド・リーダー」として活躍する著者が、日常生活で使える「マインド・リーディング」のテクニック&メソッドを初公開。
たとえ一言も話さなくても相手の考えていることがわかったり、ちょっとしたしぐさや言葉から相手の本音を読み解いたりすることができる方法が満載。
多数紹介されているさまざまな「実験」を試すことで、だれでも理解が深まるようになっている。
本書を読めば、有利で楽しいコミュニケーション術、人生が好転する思考法が手に入るだろう。(Amazonより)

 

~感想~

おすすめ度:★★★★★

本のタイトルからもわかるように、相手が何を考えているのかをちょっとした仕草から見抜くテクニックや相手を気づかれないように操るテクニックを紹介している。

 

人の心を読んでみたい。人を上手く操りたい。

とは誰しもが思う事。

この本では日常生活で活かせるような簡単なテクニックも多く紹介されているのでとても勉強になった。

また学術的な面でも人の意識が身体に与える影響を実験結果をもとに紹介しているので、とても知的好奇心が掻き立てらる。

 

ここに書かれているテクニックをすべて覚え、普段の会話や仕事の交渉で応用を聞かせられたら、人生変わるんじゃないかと思ってます。

いままで紹介した本もそうですが、何回もよんで自分の中にちゃんと落としたい。

みなさんにも何回も読んでもらって楽しい人生を送ってもらいたいです。

 

とにかく友人関係や仕事関係、なによりも恋愛において役に立つこと間違いなし!

 

似たようなジャンルではTEDの”注意をそらすテクニック”がおすすめ。

こちらの動画では相手の意識を面白いくらい操っていて見ててとても楽しい。


アポロ・ロビンス: 注意をそらすテクニック | Talk Video | TED.com

 

~まとめ~

 

本の中でもとくに参考になるなと思ったことをまとめました。

中でも会話テクニックとしてまとめたものは知っておくだけでもとても有効です!

 

【会話テクニック】
・大事な話をするときは敢えて視線をはずすこと。このことにより相手はあなたとのつながりがなくなってしまうと感じ、それを取り戻すためによりオープンに話そうとする。
・口の動きもチェック。口を開いているときはもっと情報などを欲しいと思っているとき、逆に口を閉ざしているときはもういらないという事を示している。
・会話中の足先の方向を見ることで相手が会話に積極的か消極的か判断できる。
・私たちは、自分の表情ほどは自分の姿勢に注意を払っていない。だから大まかな法則としていえるのは、頭から遠い身体の部位ほど、そこに表れるヒントが信頼できるという事。

・目を見開くのも興味があるときや興奮しているとき。逆に目を細めるときは情報がたりなくて判断できていないとき。

・相手がこちらに興味あるかを調べたい時は瞳孔をチェック。瞳孔が開いているとき興奮しているとき、興味をひかれているとき。
・逆に相手に興味がない場合は瞳孔は閉じてしまう。また、瞳孔の大きさは自分ではコントロールできない。
 
【意識が体に及ぼす影響】
・ある物体を持ち上げるとき、その物体の一番高いところに意識を合わせると持ち上げた時に軽く感じる。
・他人も自分の身に着けているものをしっかりと把握しているわけではない。だからこそ、そこに注目して話を振ることで、私のことよく見れくれていると思わせることが出来る。
・思考と表情の関係は一方通行ではない。思考が身体の姿勢や動作に表れるのと同様、身体の動きや姿勢が、思考や感情に影響する。
 
【暗示をかけるための4つの法則】
1,思い込みを植え付けるー発言により相手に概念を与える
 
2,確信をもって、堂々と伝える
他の人の頭の中に、あなたが示した観念を植え付けるためには、確信をもって堂々と自分の考えを伝えることが非常に重要である。
あなたの言葉に疑いを持たせる余裕を作ってはいけない。わずかでも疑問をもたれたら、暗示の試みはうまくいかない。
 
3,相手が無批判に受け入れるよう、言葉を選ぶ
 
4,信憑性・現実味をもたせる
あまり大げさなことを言ってしまうと現実味がなくなってしまうので注意。また暗示はその内容を相手がもともと願っていることである場合には、もっとも効果的に作用する。